意味と特徴を説明

温泉玉子

"LCCという言葉を聞いたことはありますでしょうか。今回は、LCCの意味や、特徴について詳しく解説していこうと思います。
LCCとは、「Low Cost Carrier」の頭文字を取ったものです。簡単に言いますと、低価格の運賃で運営している航空会社のことです。
サービスの簡素化や、経費の削減、運行の効率化などによって、低価格での提供を実現させたのが、LCCというわけですね。"
一時期、日本のテレビやメディアなどでも、特集やニュースなどで大々的に取り上げられましたので、もしかしたら知っている方も多いかもしれません。
世界各地に、LCCが存在していますが、基本的には、その国や地域に特化していて、短距離/中距離の路線を運行している場合が、ほとんどとなっています。
長距離路線での運行となってしまうと、どうしても長時間となってしまうため、効率化が図りにくいという理由があります。
LCCを実現させるために、単純にパイロット、キャビンアテンダント等の人件費を削るだけではなく、機内食・飲み物を有料にしてみたり、毛布やイヤフォン等のレンタルに関しても、有料にしたりといった工夫がされています。
「飛行機に乗る」という作業以外のサービスを有料化して、バランスをとっているということですね。
他にも、対策として、一般的な空港を利用せずに、あえて不便な空港を使ってコストを抑えたり、機内清掃の業務を省いて人件費を削減したり、座席の指定を廃止したり、といった工夫で、低コスト化しているようです。