仕組みについて解説

老舗の旅館

LCCとは、格安の航空会社という意味です。今回は、このLCCのビジネスモデルや仕組みについて、詳しく解説していこうと思います。
基本的には、格安の運賃が最大の売りとなっているサービスです。ただ、そのためには、あらゆるのコストの削減や、業務の効率化、顧客サービスの単純化などが図られています。
「安くて便利で最高のサービス」ではなく、「不便で最低限だけど安いサービス」というのが、LCCの基本的なビジネスモデルとなります。
利用する際は、サービスに対して過剰に期待するのではなく、きちんとメリットとデメリットを理解しておくことが重要です。
では、具体的にはどういったことが実施されて、低価格化されていrのでしょうか。事例を踏まえながら、分かりやすく説明していきます。
まず、一つ目としては、機内サービスが有料だということです。通常の航空サービスの場合は、無料となっていますが、LCCの場合は、そこをあえて有料にしているところが多いです。
機内食やアルコール飲料、ドリンク、ヘッドフォン、枕、毛布などに至るまで、あらゆる機内サービスが有料化されているのです。
二つ目は、預け荷物が有料だということです。預け荷物がある場合は、別途追加料金となるケースが多いです。思わぬ出費で驚いてしまう可能性がありますので、この辺りのシステムも把握した上で、利用するようにしましょう。
今回は、以上となります。しっかりとLCCの仕組みやビジネスモデルを理解した上で、上手く活用することをオススメ致します。